メインコンテンツへスキップ

磁気センサー(CT10) 自分で作成したwebサイトでobniz Parts Libraryのようにセンサーから返る値を取得したい

コメント

2件のコメント

  • 正式なコメント
    Yuki Sato CEO

    まずは簡易に、同時接続を考慮せずリアルタイムな値を表示するにはRunkitが便利です、

    https://obniz.com/ja/doc/guides/nodejs/runkit

    これはjavascriptのコードを書いて実行してくれるサービスです。
    しかも専用のURLまで無料で発行してくれるので「URLが開かれたら書いておいたjavascriptが動く=>センサーから値を読む=>APIで返す」という動きをしてくれますので、WEBサイトの中のjavascriptを書いて、発行されたURLを読み取りに行くことでセンサーの値をWEBサイトに表示できます。

    https://obniz.com/ja/doc/guides/nodejs/create-an-api

    ただ、この方法ですと同時に二人がアクセスしたときに、二人が同じobnizを使おうとするので競合したり、そもそも表示に時間がかかったりしますが、最も簡単です。

    次に実用的なのは「定期的にセンサーの値を取得してどこかに保存。Webサイトはその保存された値を読み取る」というものです。そのためには定期的にjavascriptを実行する必要があります。

    現在nodejsなどをwebサーバー内に用意していない場合は、Herokuなどを利用してnodejsを実行する環境を用意すると良いです。そこで

    1. nodejsによりobnizと常時通信してセンサーの値をリアルタイムに取得

    2. 取得した値を返すAPIを用意。

    3. ,WEBサイトからはそのAPIにアクセスし、値を表示

    のようにすると実用的なシステムとなります。

     

     

     

  • koisu

    丁寧な解説をくださりありがとうございます!!!

    まずはRunkitを試してみます!!!

    0

サインインしてコメントを残してください。